内祝いの品は自分達らしい包装で贈る|熨斗やカードを添える

贈り物
このエントリーをはてなブックマークに追加

祝電を簡単に送る方法

電報

お祝い事に欠かせない電報は、ネットを利用して簡単に申し込むことができます。仕事の都合でイベントに参加できない場合でも電報を送ることができたら、感謝や祝いの気持ちが伝わることでしょう。ネットを利用して電報を送る場合、営業時間に関係なく24時間いつでも申し込みが行なえます。急な申し込みでも、365日受け付けているので、様々なケースに対応できます。また、最短配達の確認もネット上で行なえるので、申し込みの際に役立ちます。

通常の電報は、文字数で料金が変わりますが、専門サイトでは文字数に関係なく送ることができます。送料に関しても、全国一律の料金となっているので安心して利用することができます。申し込みの受け付けは、出荷日の1か月前からとなっているので、早めの依頼にも対応してくれます。忙しくて申し込みを忘れてしまいそうな方は、少し早めに電報を送るように手続きを行なうと良いでしょう。

ネットを利用して電報を送る場合は、タテ型かヨコ型かメッセージカードのタイプによって文字数が変わってきます。また、プチギフト付きやデコレーション付きなら価格も変わってきます。メッセージに記載できる文字数の平均は、20文字程度なら11行前後で、30文字程度なら7行程となっています。200文字前後のメッセージを送ることができるので、申し込む前に自分なりに内容をまとめておいた方が良いでしょう。宛先や差出人の文字数とは別なので、詳しく知りたい場合はサポートセンターに問い合わせてみましょう。